モルガナイト

モルガナイト
英名:morganite 別名:ローズ・ベリル、ボロビエバイト
成分:Be Ali618   硬さ(モース硬度):7.5-8
ベリルの一種でピンク色、淡赤紫色のものを言います。この色は中に混入されたリチウム、マンガン、セシウム等の作用によるもので、条痕は白色です。

名称宝石学のクンツ博士が宝石愛好家のJ.P.Morganにちなんで命名しました。

ベリルの中でも第4(心のチャクラ)チャクラに適用した愛情溢れる石です。
第4チャクラといえばローズクォーツが有名ですが、ローズクォーツがぼろぼろになるまで人を癒す石だとすればモルガナイトは真の愛とは何か?を教えてくえる石だと思います。

ローズクォーツがすぐに色抜けし、だめになってしまう人にお勧めの石です。

あらゆる本の中でも愛との関連性を謳われることが多く、愛情、清純、優美を象徴する石と言われています。

真の愛とはまず自分を知り、認め、愛することに由来します。
モルガナイトは自尊心、自己認識に関わる問題解決を促し、深い感情的な対立と苦痛を伴う記憶を掘り起こし、解消するプロセスを行うため、徐々にゆっくりと行うことが大事です。

色合い的にも第4チャクラに適した石ですが、個人的に第5、7にも対応していると思います。
自分という人間を一緒に見つけなおしてくれる作用はまるで天使の補助的エネルギーに似ています。決して一人にせずに一緒に見守りながら愛を見つけていくお手伝いをしてくれる。そんな素敵な作用を併せ持つ鉱物です。

自己愛を深めたい人、心の奥底に隠れている荷物を解放したい人にお勧めです。



浄化について:太陽浴を除き、全ての浄化方法が行えます。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]