ムーンストーン

ムーンストーン
英名:moonstone  和名:月長石
成分KAlSi38   硬さ(モース硬度):6-6.5

無色や白色の半透明の長石で、正長石の一種ですが、曹長石、斜長石に属するものもあり、オーソクレースの一種の氷長石に属するものもあります。

色は無色、白色半透明、帯橙桃色、淡灰緑色、淡灰色のものなどがあります。

名称はギリシャ語で月の意味のseleneに由来します。

新しい始まりの石とされるムーンストーンは光の回折、緩衝作用で淡青乳状や真珠のような閃光を放ち、名前がさすように月と直感力に強い結びつきがあると言われています。

見るからに神秘的なその表情を眺めていると感情が鎮まり、無意識を意識化させ、直感と共感を高めると言われています。

感情を鎮めることより情緒不安定やストレスを和らげ、安定するといわれています。

また月は女性に例えられるように受容的で受動的な女性性エネルギーに満ちていて、男性性のエネルギーと女性性のエネルギーバランスをとり、自分の女性性に接したいと願う男性を助けるといわれています。

第2.3チャクラに対応していて女性の生殖サイクルに影響を与えると言われています。

女性性を整えたいとき、気持を静め安らぎが欲しいときなどにお勧めです。



浄化について:基本的に全ての浄化方法を行えますが、月に関連する石ですので太陽浴よりは月光浴をお勧めします。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]