レムリアンシード

英名:Lemurian Seed  和名:
成分:Sio2  硬さ(モース硬度):7
レムリアンは1999年から2000年初めに発見された希少価値の高い水晶です。

レムリアンという名前は、失われた「レムリア大陸」と深い関わりを持ち、古代レムリア人がクリスタルという形に転生したもの、結晶化したものではないかといわれていることから呼ばれています。

水晶ポイントの表面部分にバーコードのような縞模様(レムリアンエッジ)や三角形の模様(レコードキーパー)が浮き出ており、大変意味深いものとされています。
通常の水晶のようにクラスター状で採掘されるのではなく、綺麗に並べられた状態で発見されるのだそうです。
レムリアンは、ロシアやブラジルで産出されていましたが、今はどちらも採掘されつくし手に入れるのが困難となっています。

レムリアン同士を軽くぶつけると高く澄んだ音がすることから、別名で「シンギングクリスタル」とも呼ばれています。

レムリアンに惹かれる人はほとんどの場合、かつてレムリア大陸で生きていた人であるとも言われ、手にすること自体が大いなる癒しとなるようです。

浄化について:すべての浄化方法に適しています。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]