カルサイト

カルサイト
英名:calcite  和名:方解石
成分:CaCO3   硬さ(モース硬度):3

アラゴナイトと同質異像です。

六方晶計に属し、多種多様の晶相のものがありますが、平たい結晶の「釘頭状」と尖っている「犬牙状」の2種類があり、その他に塊状で産出することがあります。

色は純粋なものは無色ですが、鉄分を含むと黄色、マンガンが入るとピンク色となり、他にも灰色や緑色、青色などのものがあります。

名称は主成分となる元素Caの語源となったラテン語で石灰の意味のcalxに由来します。

色合い、種類が様々でその容姿によって感じるエネルギーが異なります。

一般的な意味として強力にエネルギーの増幅と浄化を行い、ストレスを和らげ、平静さをもたらすといわれています。安定作用のある石で、自分自身を信頼し、挫折を克服する力を強めると言われています。

色合いによってチャクラの位置も変わりますので別々にご紹介します。

オプティカルカルサイト
【オプティカルカルサイト】
オプティカルカルサイトの特性としてイメージを増幅し目を癒すと言われています。また言葉の裏にある二重の意味を読み取るのを助け、偏頭痛を起こす緊張を軽減すると言われています。全てのチャクラに対応します。
オレンジカルサイト
【オレンジカルサイト】
オレンジの色は向上心、思いやり、自己主張を象徴する色なのでネガティブなエネルギーを吸収してくれ、あなたのエネルギーを高め、自分を信頼できる力を与えてくれるでしょう。そしてその明るい暖色から力強いエネルギーを与え、克服する力を与えられる気持ちになります。第2チャクラに対応します。

グリーンカルサイト
【グリーンカルサイト】
心和ませる優しいエメラルド色をしています。グリーンカルサイトは精神的な癒しを行い、心のバランスを回復し、停滞した状況からポジティブな状況への移行を支援してくれると言われています。また古い習慣や概念を解消し、新しいもの受け入れられるよう促す助けをするといわれています。第4チャクラに対応します。
ゴールドカルサイト
【ゴールドカルサイト】
アンバーカルサイト、ハニーカルサイト、イエローカルサイトとも言われています。元気がでそうな優しい黄色を持つゴールドカルサイトは強力にエネルギーの増幅と浄化を行うといわれています。また黄色は楽天的、好奇心旺盛、陽気を象徴する色でネガティブなエネルギーを取り除き、あなたの楽しさにあふれた自由な発想とエネルギーを高めてくれるといわれています。第2.3チャクラに対応します。
ピンクカルサイト
【ピンクカルサイト】
ピンクカルサイトは100%方解石のものと微量にマンガンを含んでいるものと2種類あります。両方とも綺麗なほのかなピンク色をしていて心が包まれたような落ち着きを与えてくれます。ネガティブなエネルギーを吸収し、恐怖心、心の痛みを取除いてくれるかのようです。愛のトラウマを取除き、無条件の愛をもたらしてくれるといわれています。第4チャクラに対応します。
ブラジル産 カルサイト
【ブラジル産カルサイト】
犬牙状の結晶をしていて森林や原始林の中でのエネルギーと近いものを感じます。まるでこだまが座ってカランコロンと頭を揺らしているように感じ、優しい自然、壮大で恐怖さえ覚えてしまう森林の強いエネルギー両方を感じ、自然のありがたみを思い出します。

ブルーカルサイト
【ブルーカルサイト】
強力にエネルギーの増幅と浄化を行うといわれています。見ているだけで落ち着きを感じるとてもきれいな天然石です。この落ち着きある色がリラクゼーションと共にネガティブな感情を取除いてくれるようです。咽喉のチャクラに適している天然石なのでコミュニケーションを助けてくれるといわれています。第5チャクラに対応しています。
マリポサカルサイト
【マリポサカルサイト】 2004年に発見された鉱物でカルサイトと赤鉄鉱(ヘマタイト)が重なり成長しているのが特徴です。カルサイトの色合いは透明、黄色、深みのあるオレンジ色などあり、カルサイトにヘマタイトが自然コーティングし、赤色、黒くなっています。またカルサイトとカルサイトの間にヘマタイトが挟まり、レッドファントムのように見えるものなどあり、1点1点独特な表情をしています。
レッドカルサイト
【レッドカルサイト】
オレンジ味を帯びたレッドカルサイトは活力を与えながらも暖かい愛で包んでくれます。気持ちを高揚させ、精神力を支援し、停滞したエネルギーを取り除くといわれています。心臓のチャクラを開き、恐れを和らげその原因を理解させるといわれています。第1チャクラに対応しています。
浄化について:もろい鉱物なので取り扱い注意が必要です。水、塩、太陽浴以外、全ての浄化方法を行えますがホワイトセージ、クラスター、音による浄化がお勧めです。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]