アベンチュリン

アベンチュリン

英名:aventurine  和名:砂金水晶   別名:インド翡翠 
成分:SiO2 硬さ(モース硬度):7

現在は本来のアベンチュリン水晶の産出が少ないため一般的にアベンチュリンと言われるときはクロム雲母(フックサイト)の微小結晶インクルージョンによって緑色となったものを指します。

ピンクアベンチュリンはリシア雲母(レピドライト)が微小結晶したものです。


グリーンアベンチュリンは一般的に手に入りやすく、ピンクアベンチュリンは一般的にはオレンジ色がかったものが手回っています。現在、当店ではピンクアベンチュリンは取り扱っておりませんが、レピドライトタンブルが同様の商品となります。

別名として「インド翡翠」と呼ばれることもありますが、これはインドで多く産出し価格も安価で、ヒスイの代用品として使われることが多かったためで、翡翠とは全く違う石です。


気持を落ち着かせくれる優しい色合いをしていて 繁栄を象徴する非常にポジティブな石といわれいます。グリーン・ピンクアベンチュリンは共に第4チャクラ(心のチャクラ)に対応しているので、心の状態を安定させ、思いやりと忍耐力を促すといわれています。また怒りや苛立ちを鎮め、情緒面の回復を刺激し、自分の心のままに生きられるようにするといわれています。

アベンチュリン

【グリーンアベンチュリン】
平和・無償の愛を象徴するグリーン色をしています。人からもらう愛情だけでは愛の電池が充電できなくなっているとき、心の状況を一転させるための逆境を乗り越えたいとき、また人々を平等に扱いたいときにお勧めしている石です。

ピンク アベンチュリン
【ピンクアアベンチュリン】
落ち着いたピンク色で安らぎを与えてくれます。日頃の忙しさでストレスがたまっているとき、感情のバランスが保てなくなってきたときにお勧めの石です。

逆境を乗り越えたい時、疲れが激しく回復しづらい時などにお勧めです。
浄化について:全ての浄化方法が行えます。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]