エンジェライト

エンジェライト
英名:angelite
成分:Na2 (Mg,Fe2+)2Si822 (OH)2   SrCaSO4  硬さ(モース硬度):3.5

ストロンチウムを含むアンハイドライト(anhydrite:硬石膏)。

多くの場合は塊状、粒状で発見され、時にはその中にヘマタイトを斑点状に含んだものを見ることが出来ます。

色は帯青灰色や青色、帯青空色のものなどがあり、その青色はγ線(ガンマ線:放射線の一種)の照射によって得られるもので、天然の色も自然放射性によるものです。

名称はこの鉱物の示す色が天使を想像させることから、ギリシャ語のangelosに由来します。

ニューエイジの気づきの石の1つとされ、平和と兄弟愛を象徴し、天使の領域と意識的なコンタクトを促進するといわれています。

内容にかかわらず真実を語ることを助け、思いやりや受け入れる気持を強めるのを助け、心の痛みを和らげ、残酷さを打ち消すと言われています。

その優しい色合いから静けさを感じ、心の平穏を与えてくれます。

第4・5チャクラに対応し、心の平穏を、また様々なエネルギーとのコミュニーケーションを測るのを助けてくれるでしょう。

心の平穏を取り戻したいとき、テレパシーや言葉以外のコンタクトを促進したいときなどにお勧めです。


浄化について:太陽浴、長時間の水の漬け込み以外は全ての浄化方法が行えます。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]