ペリドット

ペリドット
英名:peridot  和名:橄欖石(かんらんせき)  別名:ペリドート・オリビン
成分:(Mg,Fe)2 SiO4   硬さ(モース硬度):6.5-7
色は含有された微量のニッケル分や鉄分の作用によって、黄緑色や緑色、帯褐碧色などを示し、条痕は無色です。

名称はよく似た色の石のエピドート(緑れん石)のギリシャ語源のepidotosの異綴語ではないかと言われています。

古くは3500年前に紅海のセントジョン島(エジプト)から発見された鉱物で、当時はトパゾス(topazos)と呼ばれていたそうです。

透明感があり美しい黄緑色からは元気で好奇心旺盛がエネルギーを感じ、古代では悪魔を寄せ付けないと信じられており、現在でもオーラを保護する力があると言われています。

強力な浄化作用を持ち、あらゆるレベルの毒素を解放して中和し、精に妙体、肉体、精神体の浄化を行うといわれています。

第3-4チャクラに対応し、心臓と太陽神経叢のチャクラを開き、浄化し活性化するといわれています。

昔から引きずっている負担や重荷や罪悪感、強迫観念など古い荷物を取り除き、嫉妬やうらみ、悪意、怒りなどを和らげ、ストレスを軽減すると言われています。

今までの汚れを一掃し気分転換したいとき、明るい気持に切り替えたいときなどにお勧めです。

浄化について:全ての浄化方法を行えます。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]