オパール

オパール
英名:opal  和名:蛋白石
成分:SiO2 ・nH2 O  硬さ(モース硬度):5.5-6.5

非晶質で珪酸の微球状粒子の立体配列で色が美しく変彩の著しいものを言います。

色は乳白色、橘色、赤色、黄色、灰色、緑色、黒色のものなどあり、条痕は白色を示します。透明から不透明で、ガラス光沢や樹脂光沢、真珠光沢をしています。

名前は美しく光っていたことからラテン語で宝石の意味のopalusに由来します。

品質の高いものはそのままでの素晴らしい変彩を見せ、光に当てながら様々方向から見てみると更に素晴らしい変彩を見せてくれます。
その変彩はまるであらゆる時間帯の海に反射する光のようです。(オパール個々の種類、変彩色によってイメージが異なります。)

第6・7チャクラに対応していて、宇宙意識を高め、霊視や神秘的なビジョンをもたらすといわれています。

また第2・3チャクラにも対応しているので、快活性と自発性をもたらし、過去世における心の状態を示し、心にけじめをつける方法を教え、ポジティブな感情を生み出すことを促すといわれています。



浄化について:全ての浄化方法を行えます。水分を多く含んだ繊細な石ですので原石は特に取り扱いに注意が必要です。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]