ムーカイト

英名:Mookite  和名:碧玉
成分:SiO2 硬さ(モース硬度):6.5~7
ムーカイトはジャスパーの一種で、特殊な条件下で形成された含有物の多い石英の集合体です。

ムーカイトの主な産出地は、北アメリカ、オーストラリア、アイルランド、南アフリカです。
オーストラリアやアメリカの原住民が古より儀式や祭礼などに重用してきたパワーストーンです。
水脈を探し当てる不思議な力がある石として「水の石」「大地の石」などと呼ばれていました。

ムーカイトには透明度はないですが、赤、茶、褐色、緑などの原色がまじりあった神秘的な模様がみられます。酸化鉄が含まれたものが赤系、クローライト含有のものは緑系、水酸化鉄含有のものが黄系となります。様々なインクルージョンを含有するためにその不純物よって色彩が変化することがムーカイトの大きな特徴です。

おおらかでパワフルなエネルギーを持っており、落ち着きを醸し出し、肉体的にも精神的にも強さをもたらしてくれます。冷静に物事を決断しなければならない時などにも効果を発揮してくれます。

ムーカイトは硬度が7と硬いですが、衝撃に弱いところがあります。
また、汚れた場合は早めにふき取るなどの対応をお勧めします。

 



浄化方法はおおむねどのタイプでも宜しいですが、太陽光は×です。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]