カヤナイト

カヤナイト
英名:kyanite (カヤナイト、カイアナイトとも読まれます)  和名:藍晶石 
成分:Al2 SiO5   硬さ(モース硬度):4.5-7

礬土質の片岩中に産出する珪酸アルミニウム鉱物で三斜晶系の刀状結晶や柱上結晶、卓状結晶体などで見られ、その他には繊維状や塊状で発見されることもあります。

色合いは白色や帯緑色などもありますが青藍色が特有の色とされています。

透明なし半透明でガラス光沢があり、名称は英名がギリシャ語で青色の意味のkyanosに由来し、日本名は結晶しやすいことから藍晶石となりました。

カヤナイトには黒い成分(鉄など)が混在してしまうことが多々あり、色が濃く透明感があり黒い成分が入っていないものなどは品質が良いといえるでしょう。

水色が対応している第5チャクラ、 濃い青色が対応している第6チャクラの両方に対応しているので自己表現とコミュニーケーションを促進し、同調と瞑想に優れた効果がある石と言われています。

コミュニケーション面では恐れは閉塞を断ち切り、真実を語ることを促すといわれています。

霊性面では寒色の青色が示す鎮静作用があり、心霊能力と直感を刺激し、スピリットガイドとつながり、思いやりの心を植えつけると言われています。

自分の気持をうまく伝えられない時、気持を落ち着かせ、ストレスを取り除きたい時などにお勧めです。

浄化について:結晶が欠損しやすい鉱物なので取り扱い注意が必要です。水、塩、太陽浴以外、全ての浄化方法を行えますが、ホワイトセージ、クラスター、音による浄化がお勧めです。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]