シトリン

シトリン
英名:citrine  和名:黄水晶
成分:SiO2   硬さ(モース硬度):7

クォーツ(石英)のグループの透明結晶石中、色の濃淡にかかわらず黄色の水晶を言います。

シトリンで天然のものは少なく、アメジストに加熱処理をして変色させたものや、ロッククリスタルを放射線処理したものなどが一般的に出回っております。
※当店で取り扱っているシトリンは全て天然シトリンです。

名称は柑橘類のシトラスの果実の色に似ていることにちなんで命名されました。

黄色という色合いから富と結び付けられることが多く昔から幸運の石・豊かさを象徴する石として珍重されてきたといわれています。

透明度のある水晶に好奇心を示す黄色が入ることで子供の時の純粋な好奇心がイメージされます。

太陽の力を伝えることから、非常に有益な石とされ、強力な浄化作用と再生作用があると言われています。

色の濃さにもよりますが第1~3チャクラに対応しているので、ネガティブなエネルギーを吸収し、変換、分散させグラウンディングすることから、環境に対し非常に高い防御効果があると言われています。

また個性を高め、やる気を向上させ、創造性を活性化し、自己表現を促すと言われています。

ベースは水晶ですので第7チャクラにも対応しており宝冠チャクラを活性化し、直観力を開くといわれています。

日々の生活を楽しむのを忘れてしまった時、外部からの影響で自分のやる気を失ってしまった時などにお勧めです。

浄化について:太陽以外、全ての浄化方法を行えます。
(太陽に当てると退色する恐れがありますのでご注意ください。)
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]