クリソプレーズ

クリソプレーズ
英名:chrysoprase  
成分:SiO2+ニッケル分+酸化物   硬さ(モース硬度):7
淡緑色や黄緑色のカルセドニー(calcedony:玉髄)を指します。

潜晶質の珪酸で、岩石中の割れ目や空洞の内面に、皮殻状や腎臓状、鍾乳状などで、また低温鉱脈の脈石として発見されます。

名称は鉱物の色からギリシャ語で金の意味のchrso-とニラの意味のprasonに由来します。

神の世界の一部であるという感覚をもたらし、深い瞑想状態へ導いてくれると言われているクリソプレーズは古代には真実の愛を促す石と言われてきました。

希望を増進し、個人的な洞察を与え、才能を引き出し、想像力を刺激すると言われています。

明るく気持を軽やかにするような素敵な色合いをしていて、鎮静作用があるなか、新しい状況を積極的に受け入れる姿勢をもたらし、意識をポジティブな出来事に向けさせるといわれています。

落ち着いた緑色と黄色を併せ持っているので第2-6チャクラに対応し、リラクゼーションに優れた効果があると言われています。

心を明るい気持で休めたいとき、ポジティブな考えをもたらしたいときなどにお勧めです。


浄化について:全ての浄化方法を行えます。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]