クリソコラ

クリソコラ
英名:chrysocolla  和名:珪孔雀石  別名:クリソコーラ
成分:(Cu2+ ,Al)22 Si25 (OH)4 ・nH2   硬さ(モース硬度):2-4

銅鉱床の変質帯中に、マラカイトやアズライト、キュープライトとともに生成します。

色は純粋なものは青色ですが不純物を含んで褐色や黒色になるものもあり、条痕は白色を示します。

透明から不透明に近いものまであり、ガラス光沢から土状光沢を持っています。

名称はギリシャ語で金の意味のchryso-と膠(にわか)の意味のkollaに由来します。

地球を思わせる見事な表情は母なる、大いなる大地を強く感じ心を委ねてしまいます。

穏やかさと持続性を持った石で、瞑想とコミュニケーションを助けるといわれています。

全てのチャクラに対応し、鎮め、浄化し、活性化して、天の力を協調させると言われています。

第3(太陽神経叢)のチャクラに置くと罪悪感のようなネガティブな感情を引き離し、破壊的なプログラミングを逆転させ、第4(心臓)のチャクラに置くと、心痛を癒し、愛の容量を増やし、第5(喉)のチャクラに置くと、コミュニケーションを改善しますが、沈黙を守るべきときを見極めるのを助けるといわれています。また第6(第3の眼)チャクラに置くと霊的な目を開くといわれています。

母なる大地を連想させるせいか、女性には優れた効果があり、月経前緊張症候群や月経痛に対処すると言われています。

母なる大地の大きな癒しを受けたいとき、チャクラごとを活性化したいときなどにお勧めです。

浄化について:塩、水の長時間の漬け込み以外、全ての浄化方法を行えます。もろい鉱物なので取り扱いに注意してください。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]