カーネリアン

カーネリアン
英名:carnelian 
成分:SIO2   硬さ(モース硬度):6.5-7

カーネリアンに含まれている微量の鉄分の影響で、赤色や赤橙色、帯褐赤色になります。
また加熱すると鉄分が酸化されて濃い色になります。

名称はラテン語で肉の意味のcarnisに由来するとも、ラテン語で新鮮の意味のcarnelousを語源とするとも言われています。

第1-3チャクラを表す力強い色は体を暖め、活力を与えてくれそうな暖色をしていて、代謝を刺激すると言われています。

カーネリアンはグラウンディングを促し、今の現実にしっかりと結びつけるといわれています。強いエネルギーを持った安定作用のある石で、無気力を追い払い、活力ややる気の回復に優れ、他の石をも浄化すると言われています。

第1-3チャクラを浄化、活性化することで外部からのエネルギー防御する力が強まり、生きる喜び、この世で生きていくための力強さを活性化することが出来るようになると思います。

行動力、気力が失われているとき、霊性面ばかり気をとられこの世でいきるエネルギーを見失っているときなどにお勧めです。

浄化について:全ての浄化方法を行えます。
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]