アメジスト アメトリン


アメジスト
アメジスト
アメトリン
アメトリン
英名:amethyst ametrine  和名:紫水晶
成分:SiO2   硬さ(モース硬度):7

【アメジストについて】

魔除けの石として最適なアメジストです。

日本名は名前通り、紫色を帯びた水晶で、微量の鉄イオンが含まれているためとされています。英名はギリシャ語で避けの意味のmethyと否定のa、つまり「酒に酔わない」、「この石でできた盃で酒を飲めば、悪酔いしない」に由来すると言われています。

紫色とは宗教的、霊的権威の高い石とされていたために、昔から様々な分野の多くの人々に使用されてきた鉱物です。

意味合いも非常に奥深く、持ち主の精神状態を安定の方向に導き、人生における不安や苦しみ、精神的な混乱を和らげます。自己との対話、瞑想などにもとても有効で、自分自身の内面的調和と統合、他者と良い人間関係を築くための助けとなってくれます。

第6(第3の目)チャクラ、第7チャクラに対応している石ですので非常に強い保護作用があり、高い霊的波動を持つといわれています。高次の意識状態と瞑想を促進し、癒しと浄化の力が強く、霊的気づきを促進すると言われています。また依存症や閉塞などを克服するのを手助けするとと言われています。

憑依体質の時、人に流されやすい時、気づきが欲しい人などにお勧めです。

産地の違いについて
アメジスト
【ブラジル産】
明るめの紫色をしています。穏やかなすぎない優しい波動で守ってくれます。徐々に徐々に浄化し、落ち着きすぎない落ち着いた空間を作ってくれます。石酔いは比較的起こりにくいと思います。
アメジスト
【ウルグアイ産】
深い紫色をしており、いかにも魔除けという強いエネルギーを感じます。憑依が激しい方や強めにシールドを貼りたい方へお勧めです。
アメジスト
【ボリビア産】
体全身を包みこみ守ってくれる両親のような強さ、優しさを感じます。気持を休ませたい、石からのささやきに耳を向けたいときにお勧めです。
アメジスト

【アルジェリア産】
生まれたばかり、誕生を感じるとてもかわいらしい子です。アメジストとしてもお仕事をしっかり果たしながらもやんちゃな顔も同時に見せてくれ、気持を明るくさせてくれます。

アメジスト
【フラワーアメジスト】
繊細で薄紫をしており、安らぐ空間を作ってくれます。女神に近い感覚を覚え、魔除けというより場の浄化を行ってくれるような気がします。
スピリットクォーツ

【スピリットクォーツ】
カクタスクォーツ、パイナップルアメジストなどとも呼ばれますが、ブラジル産のパイナップルアメジストとは全く異なった表情をしており、トップに大き目の結晶があり表面に細かな結晶があるのが特徴的です。

スピリットクォーツは細かなポイントがキラキラ光るとても綺麗なクォーツで、
その名が示すとおり、精神の成長を高め、自分の今までの歴史を知る手助けしてくれるといわれています。
見ているとユニークな愛嬌のある表情を見せてくれ、離れすぎていない近い立場から優しく包み込み守ってくれます。


【アメトリンについて】

アメトリンはアメジストとシトリンが混合して生成されたものです。
シトリンもアメジスト同様微量の鉄イオンが含まれていますが違いはエネルギー準位の違いとされています。

黄色と紫という全く異なるエネルギーを持つアメトリンは冷静さと元気の良さを同時に併せ持っているので最初のころは戸惑いました。しかし時間が経つにつれ、「この子はしっかりと判断力、安定を与えながらも、落ち込みすぎず、好奇心を残したまま判断を与え、守ってくれている。」ことに気付きました。

各々の特性を強力に併せ持ち、その作用は実効性、即効性に長け、男性性と女性性エネルギーを統合すると言われています。

第3,6,7チャクラに対応しているので落ち着いた明晰性をもたらし、認識と行動を調和させ、創造的な解決策をもたらすといわれています。

元気な自分を取り戻したい時、紫色だけだと落ち着きを感じすぎる時などにお勧めです。

浄化について:太陽浴以外、全ての浄化方法が行えます。
(太陽に当てると褐色する恐れがありますので語注ください。)
浄化方法について
(付着物がある場合、天然石の構造がもろい場合などご利用いただけない場合がありますので予めご注意ください。)
 〔ホームに戻る〕   〔天然石辞典トップページ〕   [ 閉じる ]